読書|12星座別おすすめ占い本!石井ゆかり 3年の星占い2021年、2022年、2023年

雑記

こんにちは、フリーランスのちひろです。

本日は私が好きな占い師・石井ゆかりさんの占い本をご紹介させてください。

昔から彼女の大ファンで『3年の星占い』シリーズが出版されるのをいつも心待ちにしています。

日常生活のなかで「お待たせしました!」といわれても、「待ってました!」と答える機会はほとんどありません。

ですが、『3年の星占い』シリーズが発売されたときだけは声を大にしていいたい。

待ってました!!!!(大声)

星占いというと、1ヶ月か1年単位で運勢を見るのが一般的ですよね。

一方、石井ゆかりさんの星占いは3年という長い期間が対象になっています。

近い将来だけでなく、その先の未来も見通せるのが彼女の占いの特徴です。

以下では、『3年の星占い』シリーズをよりくわしくご紹介していきます。

『3年の星占い』2021-2023ってどんな本?

私が天秤座なので、『3年の星占い 天秤座 2021-2023』を例にとってご紹介しましょう。

星占いの内容

表紙はこんな感じです。

今回出版されたシリーズは2021〜2023年が対象になっています。

天秤座にとって、この3年間は “個性をつくる時間” が軸になるそうです。

第1章では3年間のおおまかな風景が描かれています。

第2章では1年ごとの運勢が描写されます。

天秤座のこれから3年間をキーワードでチェックしてみましょう。

2021年…愛と自由の年
2022年…必要とし、必要とされること
2023年…出会いの年、ギフトの年

石井ゆかりさんはライターとしても活躍されているため、文章が秀逸です。

ことばのひとつひとつにあたたかみがあります。

石井さんのファンは口をそろえてこう言います。

“彼女の星占いを読んでいると未来が楽しみになる”

表現にマイナスな気持ちになる要素がないんですよね。

文体がゆたかで壮大な物語を読んでいる気分にもなります。

おもしろいことに、自分の星座にかんする本なので自分がその物語の主人公になったように感じるんですよね。

自分の未来日記を読んでいる感覚になれるワクワク感があります。

第3章では、テーマ別の運勢がカバーされています。

愛について
仕事、勉強、お金について
住まい、生活について
夢、楽しみについて
自分、人間関係について
これだけでも読みごたえ十分です。

しかし、石井さんの星読みはとまりません。

第4章・5章でさらに天秤座の世界についてくわしく解説してくれています。

コスパよすぎ

運勢を知りたいときに占いの館などで対面形式で見てもらうこともできます。

しかし、この場合は占い師が言ってくれたことを記録に残すのはむずかしいですよね。

テープレコーダーで録音するわけにもいかないし、メモを取りながら話を聞くのも気が引けます。

「必死かよ!」と思われたくないがゆえの遠慮です。(小声)

占い師によっては要約したメモをくれることもありますが、あくまで要約です。

また、鑑定時間は30分もしくは1時間などと決められていますよね?

ですから、ひとつひとつの項目(恋愛・仕事運など)についてゆっくり聞く時間がなかったりします。

それなのに鑑定料として数千円とか数万円がかかるわけです。

一方、石井さんの『3年の星占い』はどうでしょうか?

まず、鑑定時間を気にする必要はありません。

自分のペースで読みすすめられます。

さらに、3年の運勢だけでなく恋愛・お金・仕事・対人関係・夢・生活といった幅広い範囲がカバーされています。

それでいて、1,000円以下で手に入ります。

1,000円出しておつりが出るんですよね。

前作『3年の星占い 天秤座 2018-2020』を購入したときにも思いましたが、対面式の占いとくらべてコスパがよすぎます。

この値段で3年分の運勢がわかるというボリューム感もうれしいですが、ずっと手元に置いておけるのもありがたいです。

12星座別 2021〜2023年の星占い

ここからは、12星座別の3年間のテーマをご紹介していきます。

おひつじ座の3年間

牡羊座は “未来へのヴィジョンを描き始める” 星まわりになります。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…未来のヴィジョン
2022年…過去、自分の弱さ
2023年…スタートの年

おうし座の3年間

牡牛座は “人生の大転換期を迎える” 星まわりをむかえます。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…人生の大転換点
2022年…夢を紡ぎ、友に会う
2023年…スタート、自由への飛躍

ふたご座の3年間

双子座は “価値観を変えて2022年に大きな勝負” にいどみます。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…価値観の、コペルニクス的転換
2022年…勝負と挑戦の年
2023年…新しい責任、外界という鏡

かに座の3年間

蟹座の3年間のテーマは “ギフトを受け取る” こと。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…リスクを取って、つかむもの
2022年…精神の成長期
2023年…チャンス到来、大活躍期

しし座の3年間

獅子座の3年間の軸は “他者との一対一の関わり” に。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…出会いと関わりの年
2022年…有形無形のギフトの年
2023年…すばらしい年、幸福と自由の年

おとめ座の3年間

乙女座は “人との関わりを広く深める” 3年間になります。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…役割と自由
2022年…出会いと関わりの年
2023年…贈与と宇宙旅行の年

てんびん座の3年間

天秤座の3年間は “個性をつくる時間” が軸になります。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…愛と自由の年
2022年…必要とし、必要とされること
2023年…出会いの年、ギフトの年

さそり座の3年間

蠍座は “居場所、住処、家族、ルーツ” が大きなテーマとなる3年間です。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…内側をつくる年
2022年…愛、そしてポジショニング
2023年…融合と自立の年

いて座の3年間

射手座は “貪欲な学びの時代” をむかえます。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…コミュニケーションの年
2022年…居場所という宇宙
2023年…役割と自由の追求

やぎ座の3年間

山羊座のテーマは “お金” と “自分の手で獲得するもの” です。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…手に入れる、つくる年
2022年…おもむくべき場所
2023年…翼が生える年

みずがめ座の3年間

水瓶座はドラマティックなスタートを切る3年間になります。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…自分の再発見
2022年…ほしいものを手に入れる年
2023年…ひとりからみんなの世界へ

うお座の3年間

魚座は先に進むために後ろを振り返るような3年間をむかえます。

〈1年ごとのメモ〉
2021年…人生の蔵を開く
2022年…大いなるスタートの時間
2023年…自力の強さ

石井ゆかりさんの『3年の星占い』に対する思い

石井さんは『3年の星占い』について、このように語っています。

たとえ星座が同じでも、年齢も立場もいま置かれている状況もさまざまなはずです。

でももし、それぞれがまったく別々の出来事を経験していても、その根っこにあるもの・心が学び取りつつあることは似ているのかもしれません。

まずは “いま起こっていること・現状” を念頭においてください。

そして、本書(『3年の星占い』)の文章からぴんとくるものを “拾い上げる” イメージで読んでいただくと、お役に立つところもあるのではないかと思います。

明るい希望を持ち、強い自分として生き、光る小石を拾い集めて毎日をいとなむのは誰にとってもかんたんなことではありません。

“その大変な日々をときどき、小さな星の光が照らしてくれるなら” という思いで書き上げました。

石井さんの人柄がよくあらわれいてるステキなコメントです。

あとがき

いかがでしたか?

石井ゆかりさんの『3年の星占い』は私たちの未来にワクワク感を与えてくれます。

2020年と2021年の前半は、コロナもあり思いどおりに動けないこともおおくありましたよね。

それだけでなく、個別につらい経験をした人もいるかもしれません。

石井さんの星読みは私たちのつらかった過去にも寄りそってくれるような、そんな存在です。

ここから3年間の運勢は、ぜひ書籍を手にとってご自身の目で確認してみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました