健康|むし歯ができやすい人は必見!歯医者さんに聞いたむし歯予防法

雑記

こんにちは、フリーランスのちひろです。

本日のテーマは “むし歯予防” です。

むし歯って、ほんとうにやっかいですよね。

じつは私、これまで歯の治療に40万円以上をつかっています…!

40万円あれば、余裕で海外旅行ができちゃいます。

歯科治療にそんな大金を使いたくないですよね。

私も二度とむし歯になりたくないので、歯医者さんに予防方法を聞いてきました。

今回の記事では、自宅でできるむし歯予防のやり方をシェアしていきます。

むし歯の治療に40万円もかかった理由は?

まずはなぜ歯の治療に40万円もかかったのか、その理由についてお伝えします。

40万円の内訳は、おもに被せもの(クラウン)の製作費です。

小さいむし歯なら削る体積がすくないので、保険がきく白い詰めものだけで対応できます。

しかし、むし歯が進行すればするほど削る体積がおおくなってしまいます。

そうすると詰めものだけでは修復できずに被せものをつくるハメになります。

この被せものは素材によってはかなり高額です。

どれくらい高額か、私のかかりつけ医の相場を見てみましょう。

銀歯、プラスチック、セラミックなどいろいろな素材がありますが、セラミックとなると1本128,000円もします。

私はこの値段を見たとき、一瞬、まぼろしかと思いました。

ひかえめに言っても高すぎです…!

「私は歯の見ためなんて気にしないわよ!」という患者さんは安いほうの銀歯をえらびます。

一方、人と会話するときなどにチラッと銀歯がのぞくのが気になる人はセラミックをえらぶ傾向にあります

私はボロボロになった歯の見ためだけでも取りつくろいたかったので、高価な被せものをオーダーしました。

残念ながら重傷のむし歯が4本もあったので、1本10万円以上する被せものを4本つくることになりました。

その結果、歯科治療に40万円以上をついやしたというわけです。

重度のむし歯治療は涙がでるほどお金がかかるので全力で予防しましょう!

歯医者さんに聞いたむし歯の予防方法

さて、ここからはむし歯治療に何十万円もはらわないですむように予防法を見ていきましょう。

ふつうの歯ブラシ vs 電動歯ブラシ

歯医者さんいわく、むし歯ができやすい人の特徴として1日に1回しか歯をみがかないことがあげられるそうです。

先生からは1日に最低2回は歯をみがくようにすすめられました。

ここで、「ふつうの歯ブラシと電動ブラシ、どっちでみがいたらいいの?」と疑問に思うひともいるかもしれませんね。

この疑問を歯医者さんにぶつけてみたところ、「電動をすすめたいところだけど、その人の性格による」とのことでした。

電動ブラシが向いていない人はズバリ、電動の力を過信して短時間で歯みがきを終えてしまう人です。

電動はふつうのブラシとくらべると、はやいタイミングで歯がきれいになった気がします。

そのような理由で歯医者では歯みがき指導のときに「電動じゃなくてふつうのブラシでもいいよ」とアドバイスすることもおおいそうです。

ですから、電動ブラシを使いたい人は油断せずにしっかりみがくことを意識しましょう。

ちなみに、先生におすすめしてもらった電動ブラシは『フィリップス ソニッケアー』です。

指原莉乃さんもおすすめの歯間フロス

むし歯ができやすい場所のひとつとして、歯と歯のあいだがあげられます。

その歯間のむし歯を予防するためには、“フロス” が役に立ちます。

指原莉乃さんも先日、YouTubeのなかでフロスをおすすめしていたので聞きおぼえがある人もいるかもしれませんね。

休日1日中動画回したけど本当にオフすぎた

さっしーはこの動画のなかで「フロスを使うと、歯磨きってなに?って思う」と言っています。

(YouTube内では、10:40あたりからフロスの話がはじまります)

これには「めっちゃわかるーーーー!」とはげしく共感しました。

どれだけ歯みがきをがんばっても、仕上げにフロスを使うと食べカスが出てくるんですよね。

そりゃあ歯間にむし歯ができるはずだわ…とある意味、納得です。

歯医者さんでは、フロスは1日1回かならずするようにアドバイスされました。

動画内でさっしーが紹介しているフロスは『オーラルケア フロアフロス』です。

寝るまえの洗口液(マウスウォッシュ)

むし歯を予防するためには、歯だけでなくお口のなか全体をきれいに保つ必要があります。

歯医者さんでは、むし歯予防のいっかんとして洗口液(マウスウォッシュ)の使用もすすめられました。

洗口液を使えばむし歯のほかに歯肉炎や出血、口臭予防もできるのがいいですね。

私はミントのからい味が苦手なので『モンダミン プレミアムケアセンシティブ』を使用しています。

この洗口液は、ピリピリした感じはまったくなく甘みがあります。

歯みがきのあともしくは、寝るまえの使用がおすすめです。

生活習慣の改善

まいにちの生活習慣にもむし歯ができやすい原因がひそんでいます。

その習慣をあらためることも虫歯予防につながります。

以下で3つの具体例をご紹介します。

甘いものをよく食べる

むし歯菌は糖分をエサにしています。

そのため、砂糖がふくまれるお菓子をよく食べる人は注意が必要です。

甘いものを食べてそのまま歯をみがかずにいると、むし歯菌の増殖につながります。

同じ理由で、ジュースを飲む習慣がある人も口内にむし歯ができやすい環境であると言えます。

だらだら食べることがおおい

間食がおおい人も要注意です。

ひっきりなしに食べつづけることは、たえずむし歯にエサをあたえているのと同じです。

とくに歯を舌でさわったときにザラザラした感覚がある場合は、いちど歯みがきをしたほうが良いでしょう。

そのザラザラはプラークと呼ばれていて、細菌のかたまりです。

だらだら食べつづけると、この細菌がたまってむし歯ができやすくなります。

口呼吸をするクセがある

むし歯ができやすい意外な理由として口内の乾燥があげられます。

じつは、唾液には口内を抗菌する役割があるそうです。

ですから、口のなかが乾燥しているとむし歯ができやすくなります。

寝ているあいだにむし歯ができやすいといわれているのも、就寝中は口が乾きやすいからなんですよね。

水をこまめに飲んだり、鼻呼吸を意識することで口を乾燥から守れます。

あとがき

疲れているときなんかはとくに日々のデンタルケアって面倒ですよね。

私がめちゃめちゃ激務な会社ではたらいていたときは、歯みがきをおろそかにしていました。

歯をみがく気力が残っていなくてそのまま寝落ちした日もあったほどです。

その結果、むし歯治療に40万円もはらうハメになりました。

「普段から、電動ブラシやフロスでこまめにケアしておけばよかった…」と、かなり後悔しました。

一日たったの数分とデンタルケアアイテムにかける数千円で、40万円の出費をふせげたかと思うと残念でなりません。

あとは純粋に、自分の歯の一部がなくなってしまうのはものすごく悲しいです。

歯医者での治療もこわいし痛いしで、むし歯になっていいことなんてひとつもありません

むし歯が進行して歯根嚢胞になると、最悪の場合は抜歯せねばなりません。

この記事を読んでくださったかたは、お金を有効に使い、いつまでも自前の歯でごはんをおいしく食べられるように歯のケアをがんばってください!

私もこれからは歯を大切にします…!

記事内でご紹介した商品は以下にまとめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました