恋愛|女の勘はよくあたる!?彼の浮気の兆候を見破る方法10選

雑記

こんにちは、フリーランスのちひろです。

本日のテーマは “恋愛” です。

うれしい出来事や楽しい思い出がたくさんできる恋愛ですが、ときに浮気になやまされることもあります。

私は過去に3回も浮気をされました。

これだけ浮気されると、「浮気のことならなんでも聞いてください」ってなもんです。

彼の浮気の兆候をつかむのなんて、朝メシ前です。

そこで今回は、“彼氏の浮気のサインを見破る方法10選” をご紹介していきます。

女のカンはあたる!?

彼のことを普段からよく見ている人ほど、浮気の兆候に気づきやすいでしょう。

なぜなら、浮気の前後で彼の態度や行動にあきらかなちがいが出るからです。

以下では私が気づいた浮気のサインをお伝えします。

彼の態度や見た目からわかる浮気の兆候

まずは彼の普段の態度や見た目にあらわれる浮気の兆候からご紹介します。

束縛がはげしくなる

浮気をしている人は「自分も浮気されるのではないか?」という思考になるそうです。

私の元カレもそのような考えになったせいか、束縛がはげしくなりました

私が友達と遊びに行くといえば、「どこの誰?俺が知ってる人?」と確認が入ります。

友達と遊んでいる最中には「いまどこ?何時に帰ってくるん?」と連絡がきます。

帰りが遅くなると鬼電。すぐに連絡を返せないと激怒。

遊びから帰ったら帰ったで「今日の写真みせて!」と証拠提出を要求されるほどでした。

こちらはまったくの無実なので、痛くもかゆくもありません。

ただ、この男はなにをそんなに疑っているんだ?と不自然なくらい束縛がエスカレートしていきました。

ちなみに、同様の束縛を彼にしようとするとそれは断られます。

「男と女はちがう」とか「俺は束縛していいけどお前はあかん」などと、わけの分からないことを言いはじめます。

余談ですが、彼女を “お前” と呼ぶ男性にはトラウマがあります。

浮気された男性3人の共通点として、全員が私のことを “お前” と呼んでいたからです。

いま思えば、彼から見下されていた証拠のひとつだったように思います。

携帯のあつかいが変わる

携帯には浮気の証拠がたくさんつまっています。

彼と私がいっしょにいるときにも浮気相手からの連絡はガンガン入ってきます。

まず、そのへんに携帯を放置しておくことはありません。

肌身はなさず持っています。

また、携帯を使ってふたりで調べものをするとき、彼は自分の携帯を使うのをいやがります。

たとえば、デート中にこれからいくカフェを調べたいときや、家でYouTubeを見るときですね。

浮気をしている彼はかならず「お前の携帯貸して!」と言います。

その理由はかんたんです。

ふたりで彼の携帯を使っている最中に、浮気相手の女から着信があったら困るからなんですよね。

それ以外にも、家で彼が携帯を操作しているときに近づくと、あわててホーム画面にもどるのも浮気男あるあるです。

スケジュール調整がしにくくなる

浮気男は同じタイミングで浮気相手の女と彼女とのスケジュール調整をしなければいけません。

ですので、次のデートの約束をするときにすこしモタつきます。

健全な彼氏であれば、デートの終わりぎわに「次のデートは○日にしよう!」とすんなり決まります。

しかし、浮気している彼は「次に会えそうな日はまた連絡するわ!」と、いったん保留にする傾向があります。

きっと、浮気相手のスケジュールとすり合わせしながら私とのデートの日程を決めていたのでしょうね。

こうなってくるとむしろ、“私のほうが浮気相手…?” とさえ思えてきます。

帰宅後、顔にラメがついている

私の元カレは休日出勤ということで週末も出かけていくことがありました。

そんなとき、帰宅後の彼の顔に浮気のサインが見つかりました。

ある日、帰宅したばかりの彼の顔をふと見ると、キラキラしたものがついていました。

よく観察してみると、ラメなんですよね。

浮気相手の女のアイシャドウでしょう。

映画やドラマなんかでは、彼の服に女の香水の匂いや口紅がついているパターンが見られますね。

浮気の証拠は顔にも残っていることがあります。

とはいえ、やはり王道の洋服チェックも欠かせません。

私は、彼のズボンのポケットからテーマパークのチケット2枚(私行ってない)を発掘しました。

浮気発覚時のストーリーについては長くなるのでこちらにまとめました。

遊びに行ったときの話をしたがらない

一般的に “浮気している男は聞かれてもいないことをベラベラ話す傾向がある” と言われています。

しかし、私の元カレの場合は逆でした。

私以外の人と過ごした休みの日については、なにも話したがりませんでした。

話せば話すほどボロが出るでしょうから、得策といえば得策です。

会っていないときに連絡が取れなくなる

私といっしょにいるときは、携帯を肌身はなさず持っている彼。

しかし、いっしょにいないときには「携帯どこかに落としてきましたか?」というくらい音信不通になります。

電話に出ない、メッセージを送っても既読すらつかないのが日常茶飯事でした。

彼のいいわけはおもにこんな感じです。

「電池がきれていた」

「仕事がいそがしかった」

「メッセージに気づかなかった」

「寝ていた」

普段からあまり携帯を気にしていない人が言うなら分かります。

けれども、いつも携帯をにぎりしめているようなタイプの人が「電池がきれていた」とか「メッセージに気づかなかった」と主張するのはあやしいです。


彼氏の部屋からわかる浮気の兆候

彼がひとり暮らしをしている場合は、部屋からも浮気の兆候が見つかります。

冷蔵庫の中身が変わる

私の元カレは水を飲むタイプの人間ではないのに、ある日をさかいに冷蔵庫に水がストックされるようになりました。

そして、彼の部屋に遊びにいくたびに、その水が順調に消費されているのが分かりました。

きっと、彼の部屋を定期的におとずれる浮気相手の女に水を飲む習慣があったのでしょう。

彼の好みでも私の好みでもない飲食物や小物がふえるのは、ほかにもゲストがいる証拠ですね。

部屋が急にきれいになる

冷蔵庫に水がストックされはじめたのと同じ時期に、部屋がきれいになりはじめました。

それまでは、床にものが散らばっていても気にしないタイプの彼だったので、違和感しかありませんでした。

浮気相手のためにきれいにしていたのか、その女が自分できれいにして帰っていったのかは不明です。

しかし、「あれ?なんかいつもとちがうな?」という感覚は大切にして損はないでしょう。

避妊具の残数がおかしい

私の場合は「なにかがおかしいな?」と感じてから浮気の証拠を取りにいくようにしました。

そこで私は避妊具の残数管理をすることにしました。(やめなさい)

やり方はかんたんです。

彼がお風呂に入っているスキにでも、彼の部屋にある避妊具の枚数をカウントします。

次に、彼と性行為をした回数も記録しておきます。

数週間後にもういちど、避妊具の数をカウントしてみましょう。

もともとあった避妊具の数から性行為の回数をひいて、現在の避妊具の数とおなじだったらセーフです。

たとえば、2週間前に10枚ゴムがあったものが2回の性行為をはさんで、現在8枚だったら計算は合います。

しかし、2枚しか減っていないはずなのに5枚減っていたらどうでしょうか?

“あとの3枚はだれと使ったの?” となりますよね。

数が一致しない場合はアウトの可能性がたかいでしょう。

残念ながら彼は、その避妊具をほかの女とも使っています。

自分の物じゃない女性用の小物

こちらが浮気をうたがいつつも、おとなしくしていると浮気相手の行動がエスカレートしてくる場合があります。

例をあげるなら、彼の部屋にさりげなく小物をおいていくようになります。

ヘアゴムやヘアピン、コットンなどが王道ですね。

髪もふつうに落ちてたりします。

証拠となりそうなものを見つけたら、「これなに!?」とすぐ問いつめたくなるかもしれません。

しかし、その前に落ち着いて今後のふるまいかたを考えるのが大切です。

浮気の証拠はたくさんあればあるほど相手をつめやすくなります。

ですから、きたる決戦の日に向けて収集しておいて、ゆっくり対策を考えましょう。

pairs3

あとがき

彼の浮気を疑いはじめるとすべての行動があやしく見えてしまいます。

証拠さがしに必死になり、なにもかもが浮気の兆候に思えます。

兆候が見えはじめたときに気をつけないといけないことがあります。

それは、まずはとにかく落ちつくことです。

詳しくはこちらにまとめましたが、私の場合はパニックでヒステリックになり最終的にふられました。

浮気発覚時のエピソードはこちらにまとめました。

未読のかたはぜひご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました